トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農業政策 > 令和3年度作付転換営農継続支援事業(機械・施設導入支援事業)の募集について(R4年度へ繰越)

掲載日:2022年8月10日

ここから本文です。

「令和3年度作付転換営農継続支援事業(機械・施設導入支援事業)」の募集について(令和4年度へ繰越)【最終募集】

概要

新型コロナウイルス感染症の影響により,米の需要が減少し,米価下落等の影響が生じています。稲作(一般の主食用米)から園芸作物・大豆・麦・飼料作物等への作付転換を促すため,農業法人等に対して機械・施設の導入及び組織育成等に要する経費を補助し,営農継続に向けた支援を行います。

1.作付転換に向けた機械・施設の補助(ハード支援)

令和4年産において,主食用米への品目転換・拡大する目標面積を要件として,機械・施設の導入を補助します。

ア.水田における園芸作物への転換支援

ア-1.露地園芸への転換
ア-2.施設園芸への転換

園芸作物を生産するための機械・施設の導入について補助します。

イ.麦,大豆,飼料作物,WCS専用稲等への転換支援

麦,大豆等生産のための機械・施設の導入について補助します。

ウ.飼料用米,輸出用米等の生産拡大のための低コスト化支援

飼料用米,輸出用米等を生産拡大するための低コスト化(アグリテック)機械・施設の導入について補助します。

2.作付転換を拡大するための体制整備(ソフト支援)

作業受託組織の設立,地域の話し合い,研修会,実証ほ設置(簡易な条件整備含む)等に要する経費について補助します。

補助対象者

農業者,農業生産法人,農業生産組織,農業団体等(ソフト事業は市町村を含む)

※農業者,農業生産組織は法人化を見込む者を対象とする。

補助率・補助上限額

1.作付転換に向けた機械・施設の補助(ハード支援)

補助対象経費の1/2以内

項目 品目(※1) 目標拡大面積(※2) 補助上限額
ア-1 露地園芸 概ね20a以上 5,000千円
概ね1ha以上 15,000千円
ア-2 施設園芸 概ね10a以上 12,500千円
概ね30a以上 30,000千円

麦・大豆・飼料作物・WCS用稲等(※3)

概ね5ha以上 5,000千円
概ね10ha以上 15,000千円
飼料用米・輸出用米等のための低コスト化(※3) 概ね10ha以上 2,000千円
概ね20ha以上 7,500千円

※1 水田(地目)への作付又は設置するものを要件とする。

※2 中山間地域は,面積要件を1/2とする。

※3 WCS用稲,飼料用米は専用品種の栽培に限る。

【中山間地域】本事業で扱う中山間地域について(PDF:139KB)

2.作付転換を拡大するための体制整備(ソフト支援)

定額(上限500千円)

募集期間(4回目募集)【最終募集】

令和4年8月10日から令和4年9月2日まで

申請方法

交付申請書及び事業計画書をご作成の上,管轄の市町村までご提出ください。

※交付申請と事業計画申請を同時とする。

交付要綱・実施要領・関係様式等(令和4年2月17日改正)

変更申請者向け

1・2・3回目完了者で4回目申請希望者向け

2・3回目交付決定者向け事務手続き

事業案内(チラシ・全体スケジュール)

お問い合わせ先

農業振興課先進的経営体支援班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は