トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農業政策 > 環境保全型農業直接支払交付金

掲載日:2022年5月10日

ここから本文です。

環境保全型農業直接支払交付金

化学肥料・化学合成農薬の5割低減の取組とセットで地球温暖化防止や,生物多様性保全に効果の高い営農活動に取り組む農業者団体等を支援します。

平成27年度から「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」に基づく施策に位置づけられました。事業に取り組むには,申請書を提出する先の市町村が多面的機能発揮促進法に基づく促進計画に第3号事業(環境保全型農業直接支払交付金)を策定していることが必要です。

あらかじめ農地の所在する市町村に,本事業の申請が可能かどうかをお尋ねください。

第二期対策(令和2年度)から支援対象取組や取組水準等が一部見直されたほか,事業要件(推進活動),農業者団体や農業者の要件が変更されました。

宮城県における対象活動について

宮城県環境保全型農業直接支援対策に係る事業要綱・要領

事業評価

宮城県環境保全型農業直接支払評価委員会を設置し,環境保全型農業直接支払交付金実施要領第15に基づく事業評価を平成29年度及び30年度に行いました。

リンク

各種資料等,詳細は農林水産省の「環境保全型農業直接支払交付金」のページをご覧ください。

農林水産省ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

みやぎ米推進課環境対策保全班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8-1

電話番号:022-211-2845

ファックス番号:022-211-2849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は