トップページ > 健康・福祉 > 医薬・薬物 > 医薬 > 危険ドラッグってなに?

掲載日:2023年12月11日

ここから本文です。

危険ドラッグってなに?

危険ドラッグは、法律の規制が及ばないかのように「合法ドラッグ」、「合法ハーブ」などと称して、あたかも身体影響がなく安全であるかのように見せかけて販売されています。覚醒剤、麻薬や大麻などと類似の成分が含まれており、覚醒剤、麻薬や大麻よりも強力な作用を持つ危険な製品もあります。また、製品には複数の物質が適当にブレンドされているものもあり、何が入っているか分からず、どんな効果が現れるかも不明です。いきなり自分の身体で人体実験しているようなものであり、大変危険です。死亡例も報告されています。
覚醒剤、麻薬や大麻より安く、インターネットなどで手に入りやすいため、若者を中心に広がっていますが、好奇心や軽い気持ちで使用すると、一生を台無しにする恐ろしい薬物です。
 

危険ドラッグ1 危険ドラッグ2 危険ドラッグ3 危険ドラッグ4

危険ドラッグ5 危険ドラッグ6

危険ドラッグ7(厚生労働省ホームページより画像引用)

お問い合わせ先

薬務課監視麻薬班

仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県行政庁舎6階 保健福祉部薬務課

電話番号:022-211-2653

ファックス番号:022-211-2490

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は