トップページ > 県政・地域情報 > 広域圏情報 > 大崎 > 世界農業遺産「大崎耕土」

掲載日:2022年12月15日

ここから本文です。

世界農業遺産「大崎耕土」

持続可能な水田農業を支える「大崎耕土」の伝統的水管理システム

大崎耕土は,2017年に「持続可能な水田農業を支える大崎耕土の伝統的水管理システム」で,国際連合食料農業機関(FAO)から世界農業遺産に認定されました。

大崎地域の伝統的で巧みな水管理によって支えられる水田農業の営みは,水田と水路,ため池,屋敷林(居久根)とともに,湿地生態系や農文化も育んでおり,「生きた遺産」として未来に伝えたい,素晴らしい農業システムです。

大崎地域を示した宮城県の図

巧みな水管理

1600年代から受け継がれる取水堰や隧道,ため池などによる巧みな用排水の水管理

荒川堰

冬の内川

持続可能な農業・食料

大崎耕土が生んだ「ササニシキ」,「ひとめぼれ」や多様な農産物の生産・供給

ふゆみずたんぼ米

伝統的農耕文化

農耕儀礼や民俗芸能などの豊かな伝統文化

御弓神事

生物多様性

水田の害虫を駆除するカエル・トンボ・クモ等との共生・渡り鳥の飛来

アマガエル

マガン

ランドスケープ

屋敷林「居久根(いぐね)」と水田や水路が織りなす特徴的な景観

居久根

世界農業遺産「大崎耕土」をより詳しく知りたい方はこちら。

巧みな水管理施設「今昔物語」

本事務所では「巧みな水管理施設」のうち,以下の施設について,その歴史,技術,伝承等について調査を行い,物語として取りまとめまています。

下の写真からそれぞれのページへアクセスできます。

巧みな水管理施設の水物語

蝉堰水物語

蝉堰水物語

南原穴堰水物語

南原穴堰水物語

内川水物語

内川

お問い合わせ先

北部地方振興事務所 農業農村整備部計画調整班

大崎市古川旭四丁目1番1号
大崎合同庁舎4階東側

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は