ここから本文です。

新しい飼料作物奨励品種の紹介

宮城県畜産試験場

新しい飼料作物奨励品種の紹介(PDF:160KB)

草地飼料部草地飼料チーム、TEL:0229-72-3101

研究の目的

畜産経営の安定化のためには,自給飼料の増産が重要な課題となっています。畜産試験場では,場内で飼料作物の栽培試験を実施し、生育特性や生産性を調査して、県内における栽培に適した品種の選定を行っています。今回は、飼料用トウモロコシ5品種及びペレニアルライグラス1品種について、新しく奨励品種として選定されましたので紹介します。

研究成果

○飼料用トウモロコシ

・「ゴールドデントKD421」(入手先:カネコ種苗)

極早生標準品種の「ネオデント・エスパス95」と同等程度の収量性・耐病性を持っています。また同じRM帯の品種の中では登熟に要する期間が短く、比較的早期に収穫することが可能です。栽植本数は、8,000~9,000本/10aを目安としてください。

・「Z-corn118」(入手先:全酪連)

早中生標準品種の「パイオニア118日」と比較して優れた赤カビ耐性・同等程度の収量性を持っています。栽植本数は、7,000本/10aを目安としてください。

・「スノーデント118R」(入手先:雪印種苗)

早中生標準品種の「パイオニア118日」と比較して同等程度の収量性・耐病性を持っています。栽植本数は、7,000~7,500本本/10aを目安としてください。

・「パイオニア123日」(入手先:カネコ種苗,全酪連,雪印種苗等)

中生標準品種の「スノーデント125T」と比較して優れた収量性・同等程度の耐病性を持っています。栽植本数は、6,800~7,200本/10aを目安としてください。

・「パイオニア125日」(入手先:カネコ種苗,全酪連,雪印種苗等)

中生標準品種の「スノーデント125T」と比較して優れた収量性および赤カビ耐性を持っています。栽植本数は、6,000~6,500本/10aを目安としてください。

○ペレニアルライグラス「夏ごしペレ」

高越夏性ペレニアルライグラス品種「夏ごしペレ」は。夏枯れ耐性(越夏性)に劣るペレニアルライグラスでありながら標準品種の「フレンド」と比較して高い越夏性を有しており、草地の永続性に優れます。栽培する時は、「夏ごしペレ栽培マニュアル(発行:農研機構・東北農業研究センター)」を参考とし、播種量は10aあたり3kg程度としてください。また採草利用する場合は、耐倒伏性に劣るため、1番草を穂ばらみ期に収穫してください。

利活用の留意点等

栽培管理については、「牧草・飼料作物(県奨励品種)栽培の手引き」を基本として下さい。

 

普及に移す技術第97号

三場所QRコード

 

お問い合わせ先

農業・園芸総合研究所企画調整部

名取市高舘川上字東金剛寺1(代表)

電話番号:022-383-8118

ファックス番号:022-383-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は