トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > 病院・医療機関 > 小児慢性特定疾病 指定医療機関について

掲載日:2023年3月6日

ここから本文です。

小児慢性特定疾病 指定医療機関について

(←「小児慢性特定疾病医療費助成事業」に戻る)

目次

ボタンをクリックしてください。

指定内容 指定医療機関の皆様へ 要件・申請手続

小児慢性特定疾病指定医療機関の指定状況

  • 児童福祉法第19条の9第1項に基づき宮城県が指定した医療機関について,下記のとおり公表します。

小児慢性特定疾病指定医療機関一覧(エクセル:64KB)(※令和5年1月現在)

 

【備考】

  • 仙台市に所在する医療機関等については,仙台市(外部サイトへリンク)に御確認ください。
  • 宮城県外の医療機関等については,所在する都道府県に御確認ください。

 

 

▲ページトップに戻る

 

指定医療機関の皆様へ

・指定医療機関における自己負担上限月額管理票の記載方法については,厚生労働省健康局難病対策課から「小児慢性特定疾病医療費に係る自己負担上限額管理票等の記載方法等について」が示されておりますので,ご参照ください。

小児慢性特定疾病医療費に係る自己負担上限額管理票等の記載方法等について(PDF:196KB)

 

・令和4年4月1日から,小児慢性特定医療費の受給者様からの県に対する医療機関の追加の申請は不要になりました。
従来,小児慢性特定医療費の受給者様が新規申請の際に申請書に記載された「受療を希望する指定医療機関」以外の医療機関において,新たに小児慢性の診療等を受けられる場合,医療機関の追加の申請が必要でしたが,令和4年4月1日以降は不要となりました。
個別に医療機関追加の申請をいただかなくても,全国の都道府県及び政令指定都市が指定した小児慢性指定医療機関であれば,受給者証に記載された疾病の治療のために受給者証を利用することができます。

※詳しくはこちら(PDF:604KB)

 

 

▲ページトップに戻る

 

小児慢性特定疾病指定医療機関制度の要件・申請手続について

目次

概要,要件・責務等,新規申請に係る手続

概要 要件・責務等 新規申請に係る手続

その他各種申請手続

申請種別 申請の概要
再交付 紛失,汚損等により指定書の再交付を要する場合
指定内容の変更 指定医療機関の名称,所在地,役員の職氏名(法人開設の場合)等に変更があった場合
辞退 小児慢性特定疾病医療費受給者証(法別番号:52)の取扱いを辞める場合
業務の休止,再開,廃止等 医療機関等の業務を休止,再開,廃止等する場合
更新に係る手続き 指定の有効期間満了日以降も,引き続き指定を受けようとする場合

※提出及び問い合わせ先

 

 

▲ページトップに戻る

 

概要,要件・責務等,新規申請に係る手続

概要

平成27年1月からの新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度において,指定医療機関制度が実施されています。

この制度では,知事の指定を受けた医療機関等(指定医療機関)が行う医療に限り,小児慢性特定疾病患者の方が助成を受けることができます。

指定医療機関の指定を受けるためには,申請手続が必要です。以下の要件等を御確認の上,申請してください。

【注意】

「指定医」と「指定医療機関」は別の指定になります。「指定医」の行った診断,治療であっても,「指定医療機関」で行われたものでなければ医療費助成の対象にはなりません。

 

 

▲目次に戻る

 

指定医療機関の要件・責務等

要件

以下の(1)及び(2)の要件を満たすこと

  • (1)以下の医療機関等であること
    • 保険医療機関
    • 保険薬局
    • 健康保険法に規定する指定訪問看護事業者
    • 介護保険法に規定する指定居宅サービス事業者(訪問看護事業者に限る。)
    • 介護保険法に規定する指定介護予防サービス事業者(介護予防訪問看護事業者に限る。)
  • (2)児童福祉法第19条の9第2項で定める欠格事項に該当していないこと
責務
  • 指定医療機関の診療方針は健康保険の診療方針の例によるほか,小児慢性特定疾病医療費助成に関し,良質かつ適切な医療支援を行う必要があります。
  • 指定医療機関は,小児慢性特定疾病医療助成に係る医療の実施に関し,知事の指導を受けることになります。
有効期間

宮城県が申請書類を収受した日の属する月の初日から6年間

 

 

▲目次に戻る

 

指定医療機関の申請手続

以下の「小児慢性特定疾病医療費助成指定医療機関指定申請書」を下記提出先まで提出してください。
なお,各申請書様式の押印欄への押印は不要です。

 

 

▲目次に戻る

 

指定医療機関に関するその他各種申請手続

指定の更新を受ける場合や,指定内容に変更が生じた場合は,次のとおり申請をお願いします。
なお,各申請書様式の押印欄への押印は不要です。

指定医療機関指定書の再交付(紛失,汚損等による)

小児慢性特定疾病医療費助成指定医療機関指定書再交付申請書(ワード:23KB)(別ウィンドウで開きます)

 

 

▲目次に戻る

 

指定医療機関の指定内容の変更

指定医療機関の名称,所在地,役員の職氏名(法人開設の場合)等に変更があった場合は,以下の変更届により届け出てください。

ただし,所在地や開設者の変更であっても,コードの変更を伴う場合(保険医療機関等として廃止,新設となる場合)は,変更ではなく,変更前の医療機関等の業務の廃止を届け出ていただき,併せて変更後の医療機関等の新規申請をしてください(変更前の医療機関等の「指定医療機関業務休止等届」と変更後の医療機関等の「指定医療機関指定申請書」を併せて提出してください。)。

小児慢性特定疾病医療費助成指定医療機関変更届(ワード:29KB)(別ウィンドウで開きます)

 

 

▲目次に戻る

 

指定医療機関の辞退

小児慢性特定疾病医療費受給者証(法別番号:52)の取扱いを辞める場合は,以下の申出書により辞退を申し出てください。

ただし,医療機関等の廃止に伴う場合は,変更届ではなく,下記の「指定医療機関業務休止等届」により業務の廃止を届け出てください。

小児慢性特定疾病医療費助成指定医療機関辞退申出書(ワード:23KB)(別ウィンドウで開きます)

 

 

▲目次に戻る

 

指定医療機関の業務の休止,再開,廃止等

医療機関等の業務を休止,再開,廃止等する場合は,以下の指定医療機関業務休止等届により届け出てください。

移転や経営移譲等により,コードが変更となる場合(保険医療機関等として廃止,新設となる場合)も,変更前の医療機関等の業務の廃止を届け出ていただき,併せて変更後の医療機関等の新規申請をしてください(変更前の医療機関等の「指定医療機関業務休止等届」と変更後の医療機関等の「指定医療機関指定申請書」を併せて提出してください。)。

小児慢性特定疾病医療費助成指定医療機関業務休止等届(ワード:23KB)(別ウィンドウで開きます)

 

 

▲目次に戻る

 

指定医療機関の更新

現在受けている指定の有効期間満了日以前の12か月以内に更新申請を行ってください。

更新案内(PDF:164KB)

以下の「小児慢性特定疾病医療費助成指定医療機関指定申請書」を提出してください。

 

 

▲目次に戻る

 

申請書類の提出及び問い合わせ先

〒980-8570
宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県庁舎7階南側
宮城県保健福祉部疾病・感染症対策課難病対策班

 

 

▲目次に戻る

 

お問い合わせ先

疾病・感染症対策課難病対策班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:患者様からの問い合わせ電話番号:022-211-2465/患者様以外の方からの問い合わせ電話番号:022-211-2636

ファックス番号:022-211-2697

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は