掲載日:2024年5月23日

ここから本文です。

侵入調査事業

令和6年度侵入調査事業

近年、温暖化等による気候変動、人やモノの国境を越えた移動の増加等に伴い、病害虫の侵入・まん延リスクが高まっており、国内未発生又は我が国の一部のみに発生している重要病害虫が、万が一国内の未発生地域に侵入した場合、農業生産に重大な損害を与えたり、農産物の輸出を阻害するおそれがあります。植物防疫法に基づき、これらの病害虫が本県に侵入した場合に早期に発見し、速やかに的確な防除を実施できるよう、国と協力し、本県では以下の病害虫(22種)の侵入を警戒しています。

農作物に見慣れない病害虫被害が発生していたら、病害虫防除所又は最寄りの指導機関にお知らせください。(周知用資料(外部サイトへリンク)

本県で調査している病害虫(22種)

害虫

令和5年度の調査では、7月~10月にかけて断続的に誘殺が確認されました。

他県ではトマトでの被害が報告されているので、ご注意ください。

病害

説明ページは農林水産省Webサイト我が国が特に侵入を警戒している病害虫の特徴(外部サイトへリンク)から抜粋。

説明ページの無い病害虫については植物防疫所Webサイト植物検疫ギャラリー(侵入を警戒している主な病害虫)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ先

病害虫防除所 

仙台市青葉区堤通雨宮町4-17

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は