ここから本文です。

有給休暇(年次有給休暇)について

質問

有給休暇を申請したところ,「なぜ休むのか?」「休日に済ませることのできない用事なのか?」などと詳しく聞かれ,「今は忙しい時期だから」と拒否されました。
休みたいのですが,どうすればよいでしょうか?

回答

有給休暇は原則として,労働者がいつでも自由に取得することができます。【労働基準法第39条第5項】
よって,労働者が申請時に取得理由を説明する必要はありません。

使用者には,時季変更権が与えられていますが,有給休暇を与えると事業の正常な運営が妨げられるという場合に,有給休暇を他の時季に与えることができるというものであり,ただ忙しいという理由だけで拒否することは認められません。

まずは,使用者と話し合い,それでも解決されない・話合いに応じてくれない等の場合には,宮城労働局または労働基準監督署内の総合労働相談コーナー(外部サイトへリンク)に御相談ください。

参考

有給休暇(年次有給休暇)の発生要件【労働基準法第39条】

以下の全てを満たした労働者に対して,有給休暇が付与されます。

  1. 雇い入れの日(試用期間含む)から6ヶ月継続勤務している
  2. 全所定労働日の8割以上出勤している

有給休暇の繰越と時効【労働基準法第115条】

有給休暇は繰り越すことができ,その時効は有給休暇が発生する基準日から2年間です。

不利益取扱いの禁止【労働基準法第136条】

有給休暇は取得しても出勤したとして取り扱われ,使用者は労働者の有給休暇の取得を理由として欠勤扱いにする・賞与を支給しない等の不利益な取扱いをしてはなりません。

時季変更権について

例えば,一度に多数の労働者が同じ日に有給休暇を取るなど,事業に支障が出る場合に限り,使用者は,取得日を他の日に変更してもらうことができます。
時季変更権は,有給休暇を他の日に変更できる権利であり,有給休暇をなくす権利ではありません。

有給休暇を取得させる義務について

使用者には,年10日以上の有給休暇が付与される労働者に対し,1年以内に5日の有給休暇を,時季を指定して取得させることが義務付けられています。

時季指定に当たっては,取得時季について労働者の意見を聴取し,できるだけその意見を尊重することが求められます。また,時季指定の対象となる労働者の範囲や時季指定の方法等について,就業規則に定める必要があります。

なお,すでに5日以上の有給休暇を取得している労働者については,時季指定をする必要はなく,また,時季指定をすることもできません。

お問い合わせ先

労働委員会事務局審査調整課 調整班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号(宮城県庁17階北側)

電話番号:022-211-3787

ファックス番号:022-211-3799

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は