ここから本文です。

求人内容と違うとき

質問

求人票を見て面接を受け,採用されました。しかし,実際働いてみたら求人内容と違います。
どうしたらいいでしょうか?

回答

ハローワークの求人票や求人広告の労働条件と違うと思ったら,採用時に使用者と交わした労働条件通知書を確認の上,使用者と話し合ってください。

それでも解決されない,話合いに応じてくれない等の場合には,宮城労働局または労働基準監督署内の総合労働相談コーナー(外部サイトへリンク)に御相談ください。

また,ハローワークの求人票と実際の労働条件が異なっており,求人票を修正してほしい,会社に指導してほしい場合には,お近くのハローワーク(外部サイトへリンク)またはハローワーク求人ホットライン(外部サイトへリンク)(03-6858-8609)にもお知らせください。

なお,採用時に示された労働条件通知書と実態が異なる場合には,すぐに退職することができます。【労働基準法第15条】

参考

求職者に対して明示しなければならない労働条件【職業安定法第5条・同施行規則第4条】

  1. 仕事の内容
  2. 労働契約の期間
  3. 仕事をする場所
  4. 仕事の始めと終わりの時刻,早出・残業等の有無,休憩時間,休日
  5. 賃金の額
  6. 健康保険,厚生年金保険,労災保険,雇用保険の適用

上記を明示する方法は,書面(求人票)等によると定められています。

お問い合わせ先

労働委員会事務局審査調整課 調整班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号(宮城県庁17階北側)

電話番号:022-211-3787

ファックス番号:022-211-3799

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は