トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農業政策 > 作付転換営農継続支援事業(生産資材支援)について<生産資材費の支払期限を,令和4年12月31日までに延長しました。>

掲載日:2022年4月7日

ここから本文です。

作付転換営農継続支援事業(生産資材支援)について<生産資材費の支払期限を,令和4年12月31日までに延長しました。>

概要

県では,新型コロナウイルス感染症の影響により主食用米の需要が減少し,米の価格が下落するなどの農業経営に影響が生じていること,また,主食用米の需要が今後も減少することを見据え,主食用米から大豆・麦類,園芸作物,飼料作物への作付転換・拡大を図るための生産資材の支援を行います

対象となる農業者等

次に掲げる全ての要件を満たす農業者,農業法人及び集落営農組織

1大豆・麦作付転換事業

(1)対象作物の令和4年産の作付面積を令和3年産から10a以上増加させる者。

(2)収入保険等のセーフティネットに加入している又は今後加入する意向を示す者。

2園芸作物作付転換事業

(1)対象品目の令和6年産作付面積を令和3年産から増加させる者。

(2)収入保険等のセーフティネットに加入している又は今後加入する意向を示す者若しくは対象品目について実需者と販売契約を締結する者。

3飼料作物作付転換事業

(1)対象作物の令和4年産の作付面積を令和3年産から10a以上増加させる者。

(2)収入保険等のセーフティネットに加入している又は今後加入する意向を示す者。

交付対象経費・交付単価の上限額

令和4年作において,主食用米から大豆・麦類,園芸作物及び飼料作物への作付転換の取組に要する生産資材費(種苗費・肥料費・農薬費[※消費税を除く。]

【注意】令和3年9月10日から令和4年12月31日まで(※)に支払済みの費用が対象となります。(支払期限を「令和4年3月31日まで」から「令和4年12月31日まで」に延長しました。)

対象作物名 交付単価の上限額
(10a当たり)
作付転換の
拡大下限面積
大豆 6,000円 10a
麦類
施設野菜 295,000円 -
露地野菜 31,000円
花き 186,000円
果樹 88,000円
WCS用稲(専用品種) 7,000円 10a
飼料用米(専用品種)
子実用トウモロコシ 11,000円
青刈りトウモロコシ

 

↓詳しくは,下記案内(チラシ)をご確認ください↓

~作付転換営農継続支援事業(生産資材支援)のご案内~【令和4年3月31日 更新版】(PDF:658KB)

申請方法・申請の受付期間

申請方法や申請の受付期間は,市町村によって異なりますので,お住まいの市町村・農業再生協議会等にご確認ください。

 

お問い合わせ先

【制度について】
みやぎ米推進課農産支援班 髙橋(理),高橋(一)
TEL:022-211-2844  FAX:022-211-2849
E-mail:miyamai-no@pref.miyagi.lg.jp

【大豆・麦作付転換事業について】
みやぎ米推進課生産販売班
TEL:022-211-2841  FAX:022-211-2849
E-mail:miyamai-se@pref.miyagi.lg.jp

【園芸作物作付転換事業について】
園芸推進課園芸振興班
TEL:022-211-2843  FAX:022-211-2849
E-mail:engei-shinko@pref.miyagi.lg.jp

【飼料作物作付転換事業について】
畜産課草地飼料班
TEL:022-211-2852  FAX:022-211-2859
E-mail:tikusangf@pref.miyagi.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は