トップページ > まちづくり・地域振興 > 地域の活性化 > 地域の活性化 > 有毒植物による食中毒防止の徹底について

掲載日:2021年5月11日

ここから本文です。

有毒植物による食中毒防止の徹底について

例年,特に春先から初夏にかけて,有毒植物の誤食による食中毒が多く発生しています。農林水産省・厚生労働省で作成したリーフレットや自然毒のリスクプロファイル等を活用するなど,食用と確実に判断できない植物については,絶対に「採らない」,「食べない」,「売らない」,「人にあげない」よう注意してください。

また,近年,農産物直売所等で販売されていた山菜や野菜に混じって有毒植物が販売され,当該有毒植物を喫食した消費者に食中毒が発生するという事例が報告されています。農産物直売所の管理者は,出荷された野菜,山菜等について確認を行うとともに,出荷する生産者に対して,有毒植物に対しての注意喚起をお願いします。

参考

お問い合わせ先

農山漁村なりわい課6次産業化支援班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 行政庁舎10階

電話番号:022-211-2242

ファックス番号:022-211-2416

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は