トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > 感染症予防 > 新型コロナウイルス > 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について

掲載日:2022年9月21日

ここから本文です。

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について

1.接種時期

令和4年2月21から令和5年3月31日までです。

2.接種対象

小児接種の対象者は,原則,日本国内に住民登録がある5~11歳の方です。(国籍は問いません)

 

  • 特に接種をお勧めする方

慢性呼吸器疾患,先天性心疾患等,重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有する方
 接種にあたっては,あらかじめかかりつけ医等と,よく相談してください。

(※)日本小児科学会では,新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧表等を公表しています。
 日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報」(外部サイト)

3.ワクチンの回数・接種の間隔・接種対象年齢

初回接種(1回目・2回目接種)について

初回接種は,2回接種することとなります。ワクチンの1回目と2回目の接種間隔および接種対象年齢は次のとおりです。

ワクチンの種類 1回目と2回目の接種間隔 接種対象年齢
ファイザー社の小児用 3週間 5~11歳
  • 1回目と2回目の接種間隔

 通常,3週間の間隔をあけて,合計2回接種します。
 1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合,1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

  • 接種対象年齢

 初回接種については,1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が,2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合,2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

追加接種(3回目接種)について

追加接種の対象者は,2回目接種を完了した日から一定の期間を経過した方です。

ワクチンの種類 2回目からの接種間隔 接種対象年齢
ファイザー社の小児用 5か月 5~11歳
  • 接種対象年齢

 3回目接種日の年齢に基づいて判断します。
 2回目接種以降,接種当日までに満12歳を迎えた場合は,小児用ワクチンではなく,12歳以上用のファイザー社ワクチンを使用します。

他のワクチンとの接種間隔

 ・他の予防接種を,新型コロナワクチンと同時に同じお子様に対して行わないでください。
  ただし,インフルエンザワクチンのみ,例外的に同時接種が可能です。

 ・前後に他の予防接種を行う場合,原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔をあけてください。

4.接種費用

全額公費で接種するため,無料となります。

5.接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は,皆さまに受けていただくようお勧めしていますが,接種を受けることは強制ではありません。予防接種の効果と副反応のリスクの双方についてしっかり情報提供が行われた上で,接種を受ける方の同意がある場合に限り,自らの意思で接種を受けていただいています。
 ただし,小児接種の場合は,保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり,保護者の同意なく接種が行われることはありません。署名がなければワクチンの接種は受けられません。

お問い合わせ先

新型コロナワクチン接種推進室ワクチン接種調整班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-2806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は