ここから本文です。

田んぼの学校2015 北村小学校

(「田んぼの学校 記事一覧」はこちら)

北村ふるさと保全会は,教育機関との連携として,北村小学校で出前講座などを実施しています。

出前講座・生きもの調査 H27年9月1日

平成27年9月1日,多面的機能支払交付金に取組む北村ふるさと保全会は,河南矢本土地改良区の21世紀土地改良創造運動と協力し,北村小学校5年生を対象に出前講座と生きもの調査を実施しました。

出前講座は,田んぼや農作業が「昔」と「今」でどう変わってきたのか,稲を育てるために必要なたくさんの水はどこからどのように流れて来ているのか,農業水利施設を適正に管理するために,どのような人が関わっているのか等について,授業を通じて学習し,農業生産基盤を支える土地改良施設の重要性を認識してもらい,地域農業への関心も深めてもらうためのものです。

また,生きもの調査では,北村小学校周辺の田んぼで作られているお米がどのような水質のもとで作られているのか,そして,どのような生きものが住んでいるのか児童自身で調査することで,地元の農村環境についての理解を深めてもらいます。

出前講座

保全会長からのあいさつ最初に,北村ふるさと保全会の会長さんよりあいさつを頂きました。

田んぼの「昔」と「今」

地元農家の方による出前講座北村ふるさと保全会の方より田んぼの「昔」と「今」についての講座がありました。昔は,牛や馬を使って代かきを行い,手作業で田植えや稲刈りを行っていたこと,現在は田植え機やコンバインなど機械の力で農作業をしていることを学びました。また,田んぼの条件についても触れ,田んぼ自体の大きさが大きく,整備された形になっていることや,水路周りが整備された事で水害が抑えられていることについての説明もありました。

農業水利施設がもつ役割について

東部地方振興事務所農業農村整備部による出前講座田んぼの「昔」と「今」の次は,当部から,農業水利施設が持つ役割について説明を行いました。田んぼで稲を育てるために多くの水が必要なことや,石巻ではその水を旧北上川から機械の力で田んぼまで運んでいること,また,田んぼの排水や雨水も機械で川に戻していることや,機械や水路のの維持管理に携わっている土地改良区の方達について説明しました。

 

生きもの調査

生きもの調査は北村小学校近くの田んぼ脇の水路で行いました。最初に,河南矢本土地改良区による水質調査を行い,続いて生きもの調査を行いました。

水質調査

水質調査結果を記録する様子調査した項目はCOD,pHの二つです。

CODは水中に含まれる汚れを大まかに数値化したもので,CODの数値が高いほど水中に酸素を消費する物質が多いことを示します。つまり,CODの数値が高いと水中の酸素が少なく,魚が住みにくい水であることを表します。

pHは,酸性~アルカリ性の程度を表すものです。pHの値が7程度で中性,7より値が高くなるとアルカリ性,7より低くなると酸性の性質が強くなります。

水質調査は用水路の水を使用して行いました。調査の結果,CODは概ね8,pHは7程度で中性という結果になりました。CODの数値は源流である旧北上川の水は6~8であり,稲を育てるには十分な水質であるとのことでした。

生きもの調査

生きもの調査の様子水質調査の後,生きもの調査を行いました。初めに,生きもの図鑑(下敷き)を配布し,生きものの採捕の仕方について説明しました。説明終了後,生きもの調査を開始しました。児童のみなさんは,生きものの採捕に夢中になり,泥だらけになりながら生きもの調査を行っていました。

生きもの採捕後,観察,同定を行いました。採捕した生きものは次のとおりです。

採捕した生きものの表
種類 生きものの名前
魚類 フナ,モツゴ,カジカ等
その他 アメリカザリガニ、ヌマエビ

今年は,揚水時期の関係から水路の水は少なめでしたが,多くの生きものが採捕されました。また,清流を好むとされるカジカが1匹採捕されました。終始元気に動き回りながら生きものを採捕していた様子から,楽しんで生きもの調査を行っていたようです。

最後に,調査した水路周辺で記念写真を撮影しました。
記念撮影の写真

(「田んぼの学校 記事一覧」はこちら)

お問い合わせ先

東部地方振興事務所 農業農村整備部農村振興班

宮城県石巻市あゆみ野五丁目7番地 宮城県石巻合同庁舎4階

電話番号:0225-95-7922

ファックス番号:0225-96-4880

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は