トップページ > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > みやぎニュースクリップ > 平成28年度 > 2月 > みやぎニュースクリップ/「平成28年度『女性のチカラは企業の力』普及推進シンポジウム~誰もが自分らしく働き続けられる社会へ~」を開催しました(平成29年2月1日)

掲載日:2017年2月14日

ここから本文です。

みやぎニュースクリップ/「平成28年度『女性のチカラは企業の力』普及推進シンポジウム~誰もが自分らしく働き続けられる社会へ~」を開催しました(平成29年2月1日)

職場におけるポジティブ・アクションやワーク・ライフ・バランスについて、企業関係者や県民の皆様と一緒に考えるシンポジウムを開催しました。今年度のテーマは、「誰もが自分らしく働き続けられる社会へ」です。
出産、育児、介護等のライフステージに際しても、誰もが働き続けることができるようにするために、どのように働き方を変えていかなければならないのか、参加者の皆様と一緒に考える機会となりました。

いきいき男女・にこにこ子育て応援企業表彰

県では、女性の活躍促進や子育て等との両立支援等について特に優れた取組を行っている企業を、「いきいき男女・にこにこ子育て応援企業」として表彰しています。今年度は、最優秀賞のリコージャパン株式会社をはじめとする、計6社を表彰しました。
平成28年度いきいき男女・にこにこ子育て応援企業表彰に関する詳細はこちら

表彰式の写真

昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子氏による基調講演

また,昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子氏をお招きし,「女性活躍4.0時代」と題した講演をしていただきました。家庭における男性の参画の重要性や,自分のストロング・ポイント(強み)を見つけ,ユニークな人材になることの大切さ,多様な経験こそが組織の力となる等,多岐に渡る内容で,参加者の方々も熱心に聞いていました。

坂東眞理子氏による講演の写真

対談:「誰もが自分らしく働き続けられる社会へ」

続いて,坂東眞理子氏とNPO法人ファザーリング・ジャパン理事 川島高之氏による対談が行われました。「家庭での能力アップが仕事の能力アップに繋がる」「職場以外での経験やネットワークにより,自分の引き出しが増えていく」といった,男性の家庭への参画についてのメリットや,働き方改革の具体的な方法等について意見を交わしました。ときにジョークを交えたお二人のやりとりにより,会場は終始和やかな雰囲気に包まれました。

坂東眞理子氏、川島高之氏による対談

お問い合わせ先

共同参画社会推進課男女共同参画推進班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号13階南側

電話番号:022-211-2568

ファックス番号:022-211-2392

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は