みやぎ観光NAVI > 観光情報 > 見る・遊ぶ > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 鹿と猿が住む霊島金華山のみち

ここから本文です。

掲載日:2012年11月8日

新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 鹿と猿が住む霊島金華山のみち

宮城の観光スポット 見る・遊ぶ

金華山港から金華山港までの13.8km

東奥三大霊場として広く信仰を集める金華山を歩くコース。港から黄金山神社へと向かい、島の南半分を巡ります。

アクセス

鮎川観光桟橋〜金華山港

JR石巻線石巻駅下車宮城交通バスで50分

三陸自動車道石巻港ICから車で50分

→桟橋から船で25分

ルートガイド

地図

金華山観光桟橋→0.6km→黄金山神社→1.5km→黄金山頂→1.6km→分岐点→0.3km→千畳敷→2.0km→大函崎→2.0km→千畳敷→0.3km→分岐点→2.6km→金華山灯台→5.5km→金華山観光桟橋

見どころ

  • (1)黄金山神社
    出羽三山、恐山と並ぶ東北三大霊場のひとつに数えられています。天平勝宝2年(750年)の創建と伝えられる歴史のある神社です。
  • (2)大海抜神社
    海に囲まれた金華山の守り神。金華山の頂上にあり、周囲の海を見渡す海の神です。島の信仰を集め、3月18日には例祭が開かれます。
  • (3)天柱石
    地上15mの高さにそびえ立つ白石英の巨岩。その大きさには目をみはります。金華山弁財天垂迹の場所とされ、神宿る石として大切にされています。
  • (4)千畳敷
    金華山東海岸を代表する名勝地。千枚の畳を敷き詰めたように広い、ということから名付けられました。コバルトブルーの海と石畳の海岸が雄大な景色を形作ります。
  • (5)千人沢
    千畳敷の北側に位置する、数十メートルの断崖の下を流れる沢で、金華山随一の奇観です。うち寄せる波が怒濤のごとく響きます。
  • (6)金華山灯台
    金華山の東南にあり、明治9年(1876年)に建設された、高さ12.8mの白色輪形状の灯台です。

問合せ先

石巻市産業部商工観光課 0225-95-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ先

観光政策課公園管理班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
行政庁舎14階南側

Tel:022-211-2821

Fax:022-211-2829

こちらのページも読まれています