みやぎ観光NAVI > 観光情報 > 見る・遊ぶ > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 三十三観音をめぐるみち

ここから本文です。

掲載日:2012年11月8日

新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 三十三観音をめぐるみち

宮城の観光スポット 見る・遊ぶ

女川駅から女川駅までの5.6km

女川港の観光桟橋を基点に、波切不動尊、三十三観音、女川総合運動公園、女川駅を経て再び港に戻ります。ハイキングや歴史散策を楽しめます。野鳥の森が広がる運動公園にはちびっこ広場もあり、フィールドアスレチックも楽しめます。

アクセス

女川駅

JR石巻線女川駅下車

三陸自動車道石巻港ICから車で30分

ルートガイド

地図

女川駅→0.1km→女川町役場→0.2km→三十三番観音碑→0.4km→波切不動尊→0.2km→一番観音碑→0.8km→三十二観音碑(夫婦杉)→2.7km→女川総合運動公園→1.2km→女川駅

見どころ

  • (1)女川駅
  • (2)三十三観音碑
    文政7年(1824年)、独国和尚が五穀豊穣・天下泰平を祈願して建立した三十三基の観音碑。病気、天災、海難など、それぞれの観音碑が難を救済するといわれ、地元の信仰を広く集めています。
  • (3)女川総合運動公園
    野球場、多目的運動場、テニスコート、総合体育館、フィールドアスレチック場などがあり、四季折々のスポーツやレクリエーションが楽しめます。充実した設備を誇り、さまざまな大会が開催される等、圏域のスポーツのメッカとして親しまれています。
  • (4)マリンパル女川
    女川湾に生息する海中生物などを実写映像で紹介する「女川シアター」、名誉館長中村雅俊常設展示コーナー、東北初のトリックアート展である水のない水族館・フォトリックスタジオなど工夫を凝らした展示で人気の水産観光センター「シーパル1」、新鮮な海産物や水産加工品などを取りそろえた水産物流通センター「シーパル2」の2つのテーマ館が一体となり、女川ならではの海の魅力を存分に楽しむことができます。

問合せ先

  • 女川町観光協会 0225-82-1111
  • 女川町商工観光課 0225-53-4033

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ先

観光政策課公園管理班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
行政庁舎14階南側

Tel:022-211-2821

Fax:022-211-2829

こちらのページも読まれています