みやぎ観光NAVI > 観光情報 > 見る・遊ぶ > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 奥州涌谷崑岳山唄のみち

ここから本文です。

掲載日:2012年11月8日

新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 奥州涌谷崑岳山唄のみち

宮城の観光スポット 見る・遊ぶ

涌谷駅から崑岳中学校前までの9.2km

奥州涌谷崑岳山唄のみちJR涌谷駅から江合川を渡り、崑(のの)岳に登ります。山頂の崑峯寺は奥州三観音のひとつ。
涌谷は日本で最初に金を産出した地であるだけに、黄金山産金遺跡や黄金山神社、天平ろまん館を訪ね、ハイキングの後は「天平の湯」で汗を流したいものです。

アクセス

涌谷駅

JR石巻線涌谷駅下車

東北自動車道築館ICから車で35分

ルートガイド

地図

涌谷駅→0.7km→城山公園分岐点→0.3km→城山公園→0.3km→城山公園分岐点→1.0km→涌谷高校→3.3km→石仏公園→1.7km→崑峯寺→2.2km→崑岳中バス停

見どころ

  • (1)城山公園・涌谷城跡
    涌谷伊達氏の巨館跡で、桜の名所としても知られています。開花の頃に開かれる桜まつりやこども大名行列など、城下町・涌谷を代表する名所のひとつです。
  • (2)妙見宮
    涌谷藩亘理元宗が亘理から天正19年(1591年)に移築した社。遺構の少ない元禄期の建物としても貴重で、県の重要文化財に指定されています。
  • (3)見龍寺(見龍廟)
    臨済宗の禅寺で伊達安芸宗重以下歴代の墓所として知られています。天正19年(1591年)に亘理元宗によって再興されました。県の重要文化財に指定されています。
  • (4)天平ろまん館
    日本初の産金の地として、当時の産金の様子や民俗などの資料を展示しています。砂金取り体験のほか、平山郁夫画伯による陶版画などを見ることもできます。
  • (5)黄金山産金遺構
    昭和32年(1957年)の発掘調査で明らかになった日本初の産金の地で、国の史跡に指定されています。天平ろまん館に出土品などが展示されています。
  • (6)崑岳山
    信仰の山として現在も多くの祭事が開かれています。葛西氏と大崎氏の所領が接していたため、現在も山の神事にその対抗の跡が残っているといいます。
  • (7)崑岳観音
    奥州三観音のひとつで、大同2年(807年)に坂上田村麻呂が建立したと伝えられています。本尊は十一面観音像。奥州三十三霊場第九番の札所として知られています。

問合せ先

涌谷町産業振興課 0229-43-2111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ先

観光政策課公園管理班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
行政庁舎14階南側

Tel:022-211-2821

Fax:022-211-2829

こちらのページも読まれています