みやぎ観光NAVI > 観光情報 > 見る・遊ぶ > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 加瀬沼の自然と悠久の歴史をたどるみち

ここから本文です。

掲載日:2012年11月8日

新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 加瀬沼の自然と悠久の歴史をたどるみち

宮城の観光スポット 見る・遊ぶ

利府駅前から東北歴史博物館までの6.0km

加瀬沼の自然と悠久の歴史をたどるみちJR利府駅から加瀬沼周辺の丘陵を過ぎ、陸奥総社宮、多賀城政庁跡、そして、松尾芭蕉も訪れた多賀城碑(壺の碑)を経て東北歴史博物館に至る、古代からの歴史をたどる道です。

アクセス

利府駅

JR東北本線利府駅下車

三陸自動車道利府中ICから車で3分

ルートガイド

地図

利府駅→0.8km→観光梨園入口→1.6km→加瀬沼→0.5km→加瀬沼遊歩道入口→1.5km→多賀城政庁跡→0.3km→多賀城碑→1.3km→東北歴史博物館

見どころ

  • (1)新幹線車両基地
    新幹線の整備などを行うための車両基地。夏には新幹線車両基地まつりが開かれ、鉄道マニアや大勢の子供でにぎわいます。
  • (2)加瀬沼
    多賀城政庁跡の北にある周囲約4kmの沼。かつては政庁の防備や水田用水池として利用されました。現在は釣りやピクニックなどで大勢の市民が訪れる憩いの場所となっています。
  • (3)多賀城政庁跡
    古代多賀城の中枢部分。過去3回にわたって建て替えられたことが発掘調査から分かっています。国の特別史跡に指定されています。
  • (4)多賀城碑(壺の碑)
    国府の創建及び改築について示した碑で、「壺の碑」とも呼ばれています。日本三古碑のひとつとされ、京などからの距離や多賀城創建の由来などが11行141文字で刻まれています。
  • (5)多賀城跡あやめ園
    アヤメやハナショウブなど250種150万本が咲き誇る花園で、毎年「多賀城跡あやめまつり」が開かれ、大勢の市民や観光客でにぎわっています。
  • (6)東北歴史博物館
    東北最大級の展示面積を誇り、最新かつ斬新な展示と情報システムによって東北を再発見できる博物館です。

問合せ先

  • 多賀城市観光協会 022-368-1141
  • 史都多賀城観光案内所 022-364-5901
  • 利府町地域整備課 022-767-2120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ先

観光政策課公園管理班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
行政庁舎14階南側

Tel:022-211-2821

Fax:022-211-2829

こちらのページも読まれています