みやぎ観光NAVI > 観光情報 > 見る・遊ぶ > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 菜の花と潮騒のみち

ここから本文です。

掲載日:2012年11月8日

新・奥の細道 宮城の自然歩道 > 菜の花と潮騒のみち

宮城の観光スポット 見る・遊ぶ

浦戸諸島の桂島、野々島、寒風沢島を巡る9.8km

菜の花と潮騒のみち奥州一の宮、鹽竃神社の参道から船に乗って浦戸諸島へ。菜の花で埋まる桂島、貝塚の里・野々島、海水浴で賑わう寒風沢島を経て大高森に至ります。

アクセス

塩竃観光桟橋

JR仙石線本塩釜駅下車、徒歩10分

三陸自動車道利府中ICから車で15分

塩竃観光桟橋〜桂島桟橋船で23分

ルートガイド

地図

桂島桟橋→3.6km→石浜桟橋→10分(船)→野々島桟橋→0.6km→分岐点→0.9km→千代崎展望台→0.9km→分岐点→0.6km→渡船場→5分(船)→寒風沢桟橋→0.7km→分岐点→0.1km→砲台場跡→0.1km→分岐点→3.3km→寒風沢桟橋

見どころ

  • (1)桂島
    毎年3〜5月にはアサリを採る人で賑わいます。4月下旬〜5月上旬には、潮干狩りと島内散策を中心にしたイベントが開催されます。
  • (2)菜の花畑
    浦戸の菜の花は、白菜の種を取るために栽培されています。純粋で高品位の種子が採れ、「仙台白菜」の名で出荷されています。見頃は4月下旬〜5月上旬です。
  • (3)白石広造邸宅跡
    白石広造は明治4年(1871年)以降、北海道や三陸の各港との航路を開き、遠洋漁業や塩釜築港工事、電力会社の建設など、塩竃市の発展に大きく貢献した人物です。
  • (4)日和山展望台
    天保年間に建てられた「十二支方角石」や、逆風祈願をしたと伝えられる「しばり地蔵」などがある展望台で、港を一望することができます。
  • (5)お化粧地蔵(松林寺)
    いつもきれいにお化粧され、子宝が授かるというご利益で知られています。他にも、江戸からたった一昼夜で運ばれた延命地蔵などがあります。

問合せ先

塩竃市観光案内所 022-362-2525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ先

観光政策課公園管理班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
行政庁舎14階南側

Tel:022-211-2821

Fax:022-211-2829

こちらのページも読まれています